スーパーウルトラワイドモニタ DELL U4919DW導入記録(前編)

その他

購入前の状況

購入前は27インチ4K+23インチFullHD+ノートPC画面の3画面を使用していました。
配線がグチャグチャ、首が痛い(特に4Kの上の方見る時)、机が狭いなどの悩みから購入を決意。
ちなみに机の構造上、ディスプレイアームは未使用です。
購入前の環境はこんな感じ。

仕事用のSurface Proから分岐して2つのモニタに出力、USBハブを経由してキーボード、マウス、Webカメラ、スピーカを接続。

モニタの後ろは配線でグチャグチャ。
撮影時は設置していませんが、場合によっては別のノートPCを右側に置くので、空きスペースはありません。

購入の目的を整理

まずは失敗しないためにも、モニタ購入の目的を整理してみました。

  • 配線整理できないか
  • 作業スペースの改善ができないか
  • 仕事以外で自分のPCを使う時に、切り替えをスムーズにしたい
  • 画面の上を見るのが辛い(首が痛い)
  • Surface Proの画面を見る時が下向きで辛い(首が痛い)

最初の検討

とりあえずシンプルに、画面を大きくすることを考えました。
アイデアとしては、27インチ4Kをもう一枚用意して、4K+4Kに。
 変更前:27インチ4K+23インチFullHD
 変更後:27インチ4K+27インチ4K

検討結果・・・上で整理した目的を達成できないので却下しました。

次の検討

次は、2枚のディスプレイを34インチのウルトラワイドモニタに置き換えることを考えました。
これは結構熱いアイデアだと思いました。
34インチという巨大画面、21:9、WQHD 3440 x 1440という横長で広大な作業スペース。
なんと魅力的な環境ですか!

と、思ったのですが・・・

解像度だけじゃなく、Windowsのスケーリング機能(125%、150%など)も加味して作業スペースを計算すると、今の方が圧倒的に大きいと判明。
(計算は、沢山のブログなどを参照させていただきました、感謝です。)

解像度ピクセル数スケーリング後
S-UWQHD5120×1440512014407,372,8004,718,592
4K3840×2160384021608,294,4005,308,416
UWQHD+3840×1600384016006,144,000
UWQHD3440×1440344014404,953,600
FHD1920×1080192010802,073,600
FHD+4K
(現状構成)
   10,368,000

これ、すごくややこしいのですが、現状構成の27インチ4K+23インチFullHDだと、 10,368,000ピクセルの作業スペースがある、という読み方です。ただ、4Kそのままだと文字が小さくて読めないから、125%拡大して使っています。そうなると、実質作業スペースは7,382,016ピクセル、ということになります。

ここで、購入予定のUWQHDのピクセル数を見てみると、 4,953,600 だと分かります。
つまり!
現状構成の方が圧倒的に広い!
このまま34インチ ウルトラワイドモニタに置き換えると、物足りなくなって追加購入を考えることになってしまうのでは、という不安が出てきました。

仮に34インチ買ったら、たぶん既存の27インチと併用することになって、当初目的が達成できなかったと思います。

前編のまとめ

27インチ4K+23インチFullHDから別の環境に替えようと思い立ったはいいが、どうしたら良いのか結論が出ませんでした。
後編に続きます。

その他
スポンサーリンク
thunder2をフォローする
サンダー製作所

コメント

  1. […] 前編はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました